吉本と日大

吉本興業のこの度の謝罪会見が日大と被ります。

いずれも所属の人の不祥事だし、

真摯に謝る当事者と、

よほど痛いところがあるのか表に出ない黒幕の会長&理事長。

あと一番が、謝罪コンサルタントまで輩出する吉本興業と、

危機管理学部を有する日大。

国から補助金や私学助成金をもらい公共性の高い事業であることも近いです。


やっぱり、民放各社や警察との間に、天下りとまでは言いませんが強力なコネを持つと

態度にあらわれるのでしょうか?


そもそも今回の問題の本質は、国から補助金を貰っている企業が、反社会的組織との関係があったのかということ。

そしてその事実を隠蔽しようとしたのか?

株主でもある民放各社にそれをお願いしたのかどうかということ。民放各社はそれに対してどう対応したかも、隠蔽に加担したならこれも問題。


1私企業なら良くは無いが、そこまで気にされない。仮に吉本興業が反社会的組織とズブズブで関係し、大阪万博を国と引っ張って行くなら、国はこれ程大きなイベントを反社会的組織の力を借りて実施することになり、国際世論は厳しい目を向けることになる。

反社会的組織に国から補助金を与えた点もアウト。


例えると今の世の中で、国がマフィアのアル・カポネに頼んで国際的なイベントを行い、マフィアに利権を提供するのはいかがなものか?アウトだろうという話。

国の諮問委員でも有るようなので、反社会的組織に有利になるように活動されるのも問題。


また吉本興業の株主でもある民放各社や大手都市銀行は、公共性の高い公器である。

反社会的組織との関係がある企業の株主であることを説明する責任が出てくると思うのだか、その辺りどうなのでしょうか?

独占禁止法の問題も放送に関しては怪しく見えてきます。


さてそれでは、嫌味ではないですが、過去の別記事を探して、今回の事件を当てはめてみました。

竹中功という吉本興業の偉いさんだった人のありがたい話です。

吉本出身の危機管理などに関するコンサルタントのコメント

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30741110Q8A520C1000000/

内容はジャニーズの謝罪会見にたいしてコメントしていたものです。

内輪話NG 元吉本の謝罪マスター、TOKIO会見を斬るモダン・ボーイズCOO兼謝罪マスター 竹中功氏


…謝罪の視点がぶれたら謝り方もぶれる」

→反社会的組織と関係があったのか、金入ってるのか?が謝罪の本質では?が問題の本質だと思うのだか、

身内のクビ問題に歪曲、ミスリードしようとしていた。


→(株主のテレビ局だから大丈夫が)配慮が必要

可能な限り生放送の心配でしたと、マイクを震わせながら弁護士さんが言ってたが、何を言ってるのか自分には意味が分かりませんでした。

理解力について、私の精進が足りません。


「大事なことはやってしまったことの反省と再発防止策の2つです。言い訳に何の意味もありません。

→テープ回してないかは冗談です。場をなごませる、

空気を変えたいという思いが、空回りしたようです。

このコメントは言い訳に聞こえるのは私だけでしょうか?


まず弁護士の方が最初に7分も事情を説明していましたよね。7分ってとても長いです。

→今回は事前説明に30分らしいです。


最後に『吉本の芸人ならびに社員の皆さんすみません』という言葉が出てきそうだと思ったので、それは内輪の話だからここで言う台詞じゃない、ということ。時々そういうことを言う芸能人がいたんですよね。でも社員に謝るのは、後で会社とか楽屋に行って直接言ったらいいんですよ」

→泣かせたから、契約解除解消らしいです。

なんか基準ぶれぶれですね。

その通り、内輪揉めより社会的責任ですね。


「最近の騒動を見て思うのは、騒ぎを起こした本人がマネジャーや会社とちゃんとコミュニケーションをとっていたのかなということ。僕がいたときの吉本は、『何でも会社に相談しいや』という家族とか兄弟みたいな距離感でした。酒癖が悪かったら、普通は消されます。甘い世界じゃない。1回でもトラブルがあったら誰かが注意して、さらに根絶させないとだめです。本来なら、もっと手前で手を打つべきです」

→社長のコメントでファミリーだが部屋で1人でいる。身内的な感覚で言った。

力不足で恫喝する?

家族って言葉じゃなく、ファミリー、芸人ファースト、何故カタカナ?

論理的に聞こえないのは私の精進不足ですね。


警察が取り調べしかしてなくても吉本では社内コンプライアンスに違反すると判断したら即契約解除です。危機管理はこういう対話の積み重ねです」

→静観や会見させないのは誰と対話したいのかな?


どうですか?

いい話でしたね。

今の吉本興業は「僕がいたときの吉本」とは違うとは2015年退社だと言いづらいなぁ

えっ今回は厳しい過ぎましたね。自分もブログをたてに怒られないよう、頑張ります。


知財の話してて、侵害事件でボロボロ

これはアカンなあ!


おっと日大とひとつ大きく違うのを忘れてました。マスコミOBのぞんざいな態度に対して

癒し系の藤原副社長。

静観に対する詳細説明も、納得はできなくとも、妥当な範囲に納まっていました。


年末のように言ったれ!

岡本アウト〜❗




スポンサーサイト

コメント